ここは板の間

僕はなんでも気ままにかくよ

僕の自転車 自分のポジションについて

先日の奥武蔵グリーンラインで左手の付け根に力が入らなくなった。

blog.itanoma.net

何故そうなったかというと、ハンドルに握って体重をかけすぎたことが原因だろうという判断。これまでもロングライドで手がしびれたことが何回もある。

そんなわけで、ポジションと自分の身体について考えた。
まず、サドル高やサドルの前後位置について、これはいろいろと記事があるためあまり考えずにそれに則る。
高さはペダルに踵を載せて下死点で脚が伸び切るぐらい。
前後位置はペダルをビンディングシューズで固定してペダル軸と膝皿が垂直になるぐらい。しかし、これはなんとサドルを目一杯前にしてなんとかギリギリそんな感じであった。うーむサイズが悪かったか?
ハンドルまでの距離は体の柔軟性や体幹の筋肉の発達にも左右されるらしい。ステムは別のものに替えないと距離調節はできないので保留。

次に、自分の身体について、はっきり言って鍛錬が足りていないと思っている。
手や腕に負担がかかるのは体重をハンドルへ載せすぎているためである、そうしなくてはならないのは体幹で上半身を支えることができていないためである。
では、体幹で身体を支えようと思ったところで、自分の体幹がそれをするに足る筋力が無いことを知った。
固定ローラーに乗って、手を背中にまわして上半身をどこまで前へ倒してペダリングできるかを試したが、うまくペダリングできないし上半身もふらつく。
手や腕の負担は、そうした体幹が鍛えられていないことにより上半身を支えることができないことのしわ寄せを食らった形と言えるだろう。

上級者は体幹でしっかりと上半身を支えたうえで効率のよいペダリングを行うらしい、固定ローラーで手をハンドルに載せずにペダリングするとき、
ペダルをうまく踏んだり、踏まない足を引いたりするのが大変に難しいと感じた。力を入れて踏むと身体がふらついてサドルから浮き上がるようになる。
これは身体が踏む力を抑えてペダルに力が伝わっていないということになるだろうか。実際は巡航時のペダリングとスプリントではペダリングも異なってくるだろう、今は巡航時の話だけど。

とにかく、どうやら体幹を鍛える必要がありそうだ。

ちょっとわからないのが、背中を丸めて骨盤を立てる、みたいなやつだ。要するに腰をサドルに垂直に載せること?。いまいちどういう状態であれば正解なのか身体が理解できていない。
別の記事ではむしろ背中は丸めないとかあったり、この辺はもしかしたら人それぞれになってくるのかもしれない。

そろそろ頭が回らなくなってきたので今日はこのへんで終了。もうちょっと乗って試したりしてから自分に合ったポジションを確立していきたい。

僕の自転車 奥武蔵グリーンラインへ

梅雨が開けたとの声が聞こえてはや数日、すっかり暑くなってきました。

6/30(土)は友人と奥武蔵グリーンラインを走って白石峠から堂平山へ、そこから友人は車で、私は自走で帰りました。 ちょっと試したことで、サロモンのトレイルランに使うベストを購入した。両側のポケットにソフトフラスクを入れて水分を補給することで、自転車にボトルを乗せないようにしたのだ。目論見としては成功は成功、しかし、やはり自転車用に作られたものではないためか、首の後ろ側にやや圧迫感を感じた。フラスクは1つで500mlで計2つあるので1Lの水を抱えて走ったわけだが、何度か試して使ってみないことにはわからんなー、無駄な金を使ったかもしれん。トレイルラン…やるか?(泥沼

いや、違う、人生には迷ったり無駄なことも必要なんだ、俺は今、人生を満喫しているんだ(言い訳 それに、ソフトフラスクのことがなくても小さなポケットが増えるため使いようによっては便利だし、使わないときはコンパクトに丸めることも可能だろう。

奥武蔵グリーンラインへ話を戻すと、鎌北湖から坂へ差し掛かったあたりで暑さと坂への順応が遅れたことが辛かった。そこからしばらくして体も慣れて中盤からはやや体も楽になったが、相変わらず登りのスピードは向上しませんな。友人は本格的なヒルクライムはほぼ初めてぐらいだったが、するすると登っていく。うーんなんとかならんものか。

そこから峠を巡り、大野峠からの下りになんと段差があるじゃないか、自転車でややスピードも乗っていたため、真正面から段差へ突っ込んだ。びっくりして思わず停止した。色分けされたわけでもない段差を見切るのは難しいように見える。そこから、白石峠の下りも舗装路を剥がして工事していたため砂利道に突っ込んだり、なかなか危険なダウンヒルであった。下りとの付き合い方をもうちょっと考え直す必要があるなぁ。

白石峠前の刈場坂峠は広い空間で、バナナやコーラを売っているおじさんがいた。

帰宅は20時前ぐらい、やはり夜は路面の状態が分かりづらいし、20時ぐらいだとまだ車が走っていて気を使う。大型トラックなんかがよく走っている大きい道路は危険だったり。まだまだ慣れないことも多い。

帰宅後、左手の様子がおかしい。親指の付け根あたりに力が入らない。自分は左利きで箸を持つ方であるためご飯が食べづらい。原因は自転車のハンドルを強く掴んで体重を載せていたことだろうと思う、ものの記事ではハンドルには手を軽く乗せる程度が望ましいように見えるので、今度はそのへんを意識していこうと思う。

次の記事までには、自分はなにを買ってしまうのだろうか。サドルバッグかな…

僕の自転車 WOHO The X-Touring アンチスウェイ サドルバッグ スタビライザー

そういえば、WOHO The X-Touring アンチスウェイ サドルバッグ スタビライザー を付けていることは書いてないな。と思ったので、とりあえず書いてみる。

実はスタビライザーは2つ買っているわけだが、1代目は落車事故のときにネジ穴が歪んだためかいくら締めてもゆるゆるになってしまった。当然、走行中にずり落ちて事故の元になるから外した。

そもそも何故これを付けているのかというと、下の写真を見てもわかるとおりフレームバッグを取り付けているため(仕事の都合でここに10.1インチ レッツノートを入れている)、ドリンクボトルが取り付けられないからである。WOHO以外にもミノウラにも似たような製品があるが、こちらはサドルバッグスタビライザーとしての機能が備わっているため、いざ大型サドルバッグを取り付けるときにも邪魔にならないという点が良い。

僕はこれまで"仕事の都合でノートPCを持ち歩く必要がある"という状況で様々なバッグ類を検討してきたが、現在のところこれがベターな選択になっている。しかし、フレームバッグについてはデザイン的な部分が少し気に入らない。(Giant スカウトフレームバッグ L)

アピデュラとかフェアウェザーとかのやつ、特にフェアウェザーはカスタムバッグオーダーでフレームに合わせて作ってくれるらしいという記事をどこかで見かけたため、フレームにピッタリ沿ったものを買いたいなと思っている。 既成品を買うならアピデュラが良い…でも高いしフレームに合うかは付けてみなければわからないというのが辛い。近場のショップに置いてないかなー

話はズレたが、WOHOのスタビライザーは今のところはボトルを取り付けるために装着したのだ。今は2代目となるわけだが、なんとモデルが1つ上がって改良されていた。前より取り付け安くなったかな?

そのうち大型のサドルバッグを買って本来の用途として使ってみたいと思う。買うなら同じくWOHOのx-touring サドルバッグかなぁ、アピデュラは…やっぱり高いのだ。

新しい自転車買いました。

blog.itanoma.net

前回、しまなみ海道サイクリングでがっつり落車して自転車が壊れた。これからシーズンというときにこれではいかんと思ったので、新しい自転車を購入した。私は金がないのでヤフオクで購入。

で、買ったのがこちら、ARAYA RALEIGH CRF Carlton-F

もういろいろ取り付けられてる画像しかなかった。2017年モデルのパールホワイト。 サイズが合うか心配だったがまったく問題はない。前の自転車はシートポストが固着して外せなかったがこれはなんと外れるのだ!!(バカ

また、コンポも5800だけど一式105で、総合的にお得な買い物をしたと思う。2017年モデルで走行距離も少ないとの話で、フレームも綺麗。文句なし。

取り付けられている装備のおかげでクラシックな見た目を残っている感があるが、これはもうしょうがないのだ。

ちょっと嬉しくなってさっそく170kmほど走ってみたが、もう前の自転車と比べるとかそういうのどうでもよくなるぐらい、走っちゃえば気持ちが良くなった。

落車して自転車壊しました。

タイトルどおりに私は落車して自転車を壊した。もはや元通りにはならない。時速30キロ程で縁石に正面からぶつかったことによる落車である。

今回のパターンは、グループライドで友人が前方で走っていたわけだが、車間距離は1メートルもない状態だった。 サイクリングも二日目の後半、やや疲労による集中力の不足もないとは言えない。 車間距離が短いことで自分の視界は前方で走る人の背中が占める割合が多い。そのため、もし最前車の前に何者かが走っていた場合それを把握するのが難しい。一応、前方を走る人間が存在しないかを車線を少しずらして見ていたが…。勘の良い人は気がつくかもしれない、僕は最前車の前を走る別の人に気づくことができなかった。だから前方で走る友人のスピードに合わせてブレーキングすることが出来なかった。あと、そのときはブラケット部分を握ってはいなかったことも対応が遅れたことの要因である。

今回の件は全体的に僕が悪いなと思うことしきり、この反省は次回に活かさなければいけない。しかしやることはシンプル。

  • 車間距離をもっとあける。
  • 走る場所や状態によってブレーキングしやすいようにブラケット部を握るようにする。

ということぐらいだろうか。自転車はフレームが割れて使い物にはならないため、新しいものを用意するべく準備しているが、できれば前から欲しかったディズナのジェイクルーレバーを買って補助ブレーキにしたいと思っている。ほかにもニーザーハンドルとかほしいな~と思っているが、これはまぁまた別の話し。あと、そもそもハンドルバーバッグ付けられんのかいとかもあるし。

とりあえず、これからやることは新しい自転車を手に入れること。SurlyのPacerがほしかったがこれはもう廃盤モデルということなので、今はSOMAのESどうかなと思っている。アルテグラのコンポ一式とMAVICのホイールもあるため、あとはフレームセットと足りないパーツぐらい。ディスクブレーキのフレームも候補に入れたかったがホイールは対応してないし、持っているのはキャリパーブレーキということもあってESが選択肢となった。

最近の僕の自転車 フロントフォークへ荷物を載せる編

前回の記事でビンドルラックを取り付けた。 blog.itanoma.net

次に目をつけたのはフロントフォークの部分、ここにはBlackBurnのOutpost Cargo Cageが取り付けられる。取り付けた。

両サイドに2つ取り付け更に積載量が増えた。 Zefalのボトルケージマウントをフォークに取り付けたうえにカーゴケージを取り付けるのは安全なのか、という点はまだそれを判断できるほど走ってもいないのではっきりとは言えない。しかし、余程重量のあるものでもない限りは問題ないように感じる。この辺は走り込むことで結果を見る形になる。

とりあえず見た目が個人的には気に入っているので良し。

ZefaL GIZMO UNIVERSAL ボトルケージマウント + Blackburn OUTPOST CARGO CAGE

最近の僕の自転車 ビンドルラック編

 最近、更新してねーなーということでとりあえず自転車について。フレームセットを買って今うちにあるコンポとホイール(どっちも未使用)で組み上げたいと考えていたのだが、なんせお金がない。

しょうがないので今ある自転車を弄ることで気持ちを収めようとしたのだが、お金が無いくせにあれこれ買ってしまう。ほんと自転車関係で財布の紐が緩んでいる。

ビンドルラック

 ロードバイクというとまず速さを求める人も多いだろうと思う。速くなるためにはお金を払って良い機材を買うか、身体を鍛えるかという手段ぐらいしか思いつかない。機材は高いものが多いし、身体を鍛えるのは時間が必要で目に見えづらい。速くなりたい、でも身体鍛えても早くなるかは正直わからん、辛い。今僕は誰かにとても甘やかされたい。

そんな感じで、一応、ローラー乗ったりして身体を動かしはするものの、勝ちを狙いに行くようなスタンスではやらないことにした。そもそも僕がやりたいのはレースではなく、ロングライドとかツーリング的なことだ。…でもやっぱり速いに越したことはないよね、遠くに行けるし。

前置きが長くなったが、先ずは見えるところをアップデートすることで気持ちを高めることにしたのだ。

そこで、キャリアは付けたくないけどラック的なものをつけたいなーというわがままを叶えてくれるアイテムを見つけたので購入した。それがビンドルラック。

ドライバッグに荷物を入れて積載する、という使用紹介の記事が多い。そこはまず基本として、個人的に重要なことがある。
このビンドルラックの良い点は輪行をするときに邪魔にならない。ということだ。荷重は三本のストラップで支えるが、ストラップをサドルレールから外したときはラックをシートステーまで下げることができる。そのためストラップでシートステーに固定すれば輪行を邪魔しない。シンプル、一等賞。

が、しかし、まだちょっとした問題はある。僕は今、いわゆるバイクパッキングなるものをしていることになるわけだが、ビンドルラックにドライバッグを積載して、輪行するときはそのドライバッグをどうすればいいのか? という点。今の所とりあえず輪行袋に自転車を入れた状態で自転車のどこかにくくりつける程度のことしか考えていない。これについてはまた今度なにかあれば案を出したい。