ここは板の間

僕はなんでも気ままにかくよ

Zwiftでローラー台の負荷調整間違ってた話

itanomaです。

Zwiftプレイ時のローラー負荷調整を間違っている俺

年末年始の休暇をとくになにもせず(でも昨年末には新潟駅のぽんしゅ館で日本酒を飲んでいた。)、よっしゃ!! ここらでローラーでも回すか~と思う。

15分くらい回していて、何の気なしにローラーの負荷調整レバー(Growtac GT-Roller Flex3)を見てふと、「これ負荷3じゃなくね?」と思ったわけである。 というのも、本ローラーでZwiftをプレイするとき、負荷調整レバーは3に合わせるということはGrowtacの公式ページに書かれていたのだが、どう見てもレバーは7の位置にあった。 3回ほど念入りに確認して「これが3だよな?」と疑いつつ、ローラーを回しているとこれがもうギュンギュンとパワーが上がっていく。しかし、その時の自分は大変に疑いの気持ちが強く、「いや、だってここ数ヶ月はたぶん負荷7でやってたじゃん、パワーがでねぇでねぇって騒いでたのはなんだったん?」という気持ち。

うわーすげぇ!! スプリント本気でやると450wもでるwwwwwwとかはしゃいでたら1-2週間ぶりのローラーなのを忘れて、晩ごはんを軽く戻してしまう失態を犯す。

まぁね、パワーメーターで計測してないから実際のパワーとズレが生じているだろうし…いや…なんかこれまでのはしゃぎようはなんだったんだ…

最近欲しい自転車の話

友達と自転車の話をしていて、なんか一台追加するとしたらどんなのかなと考えていてネットを漂っているとき、SSCX(シングルスピードシクロクロス)なるものがあることがわかる。要するにシクロクロスの変速なしなわけであるけど、これがなかなか趣深いというか、いろいろフレームをネットで探すといわゆるロードレーサーのメーカーがあんまりない。今欲しいのはボムトラック アライズ2とかサーリーのクロスチェックかストラグラーとか、海外通販を覗いてみるとOctane One KODEとかもあったり、絶対日本じゃ見ないわこれってやつがあったりして面白い。今挙げた3つはシングルスピード以外にもギアード(変速有り)にも対応できるように作られていて拡張性が高い。今自分が持て余しているホイールやコンポを有効活用して組めねーかなー、でもディスクブレーキだとホイールは買わないといけないんだよなぁ…

映画 "来る"とガンダムNTを観た。あと親知らず抜いた。

雑記です。

息抜きなのでゆるいです。

順序的には親知らずを抜いてから映画を観た。いやー目隠しされていたので器具が見えなかったけど、たぶんペンチ的なもので頑張って抜こうとしてましたね。女性の医者だったけど、どうも力が足りないようで男性の医者へ交替してやっと抜けた。歯を抜くのってこんな力任せなんだなぁと思った。

歯を抜いたあとはあまり血の流れを良くするとよくないという話なので、ローラーも回せず運動不足感がある。

"来る"

久しぶりに邦画を観たんだけど、まぁまぁ面白かった。後半のお祓いシーンとかはむしろ笑えるレベル。

ガンダムNT

サイコパワー!!!! って感じ。超能力バトルですねぇ、うーんとりあえず閃光のハサウェイは楽しみ。ユニコーンのシリーズはどうも全体的に暗いというか辛気臭い気がして好きにならないなぁ。(いやガンダム全体でそんなもんかな?

暇な年末に向けて見たい映画

暇なんですねぇ

多分にムービーウォッチメンの影響を受けているチョイス。

自転車、冬の装いを考える

ここ最近は、ずーっとZwiftで体を動かしつつ、年末お決まりの飲みとかもあってローラーを回さない日もあったりで外に出る機会もない感じです。更には、これから歯医者も控えて抜歯するので激しい運動も難しい。

そんな中、いざ外へ走り出そうとしてもとにかく寒い。自分の冬用ジャージはサーマルと名はついているものの防風機能だとかはどうも付いていないようで、重ね着しても寒いものは寒い。更に、冬用グローブやシューズカバーも冬の風の前には効果も微妙なところだった。そこで冬用に欲しい装備が以下のもの…

  • バーミッツ ドロップハンドル用 防寒カバー
  • 冬用ビンディングシューズ(Shimano, NorthWave, Fizik)
  • Gore Bike Ware WindStopper Long Sleeve Base Layer

が、欲しい。これ以外にもいろいろ欲しいんだよなぁ。変速を電動化するX Shifterとか格安STIレバーのSENSHA EMPIREとか、Magnic Microlight 360も欲しい。ま、これはまたあとで…

バーミッツはこれまでドロップハンドルが使えなかったようだけど、最近発売されたものはドロップハンドル対応となっている。ロングライドな日は欲しい。
冬用ビンディングシューズはいろいろブログだとかを見ていると冬の寒い日には良さそうな印象、NorthWaveがいっぱい出しているイメージだけど、ちょっとお高い。今のところリーズナブルなのはShimanoだろうか。
Gore Bike WareのWindStopperシリーズにはジャケットとかジャージもあるんだけど、Goreも大変お値段のする商品が多い。その中でBase Layerは7000円くらいで買えるのだ。(Base Layerとしては高いか?)
最近だとおたふくの防風ベースレイヤーというのもあるが、どうも素材の問題で汗は発散してくれないらしく汗冷えは辛かろうなぁと思っていたところ、Wiggleをなんとなしに眺めていたらWindStopperなるものを見つけたのだ。いい響きだなぁWindStopper、是非文字通りであってほしい。

そんな感じ、寒くて身動きとるのが難しいけど、外を快適に走りに行きたい。

年末の憂鬱

itanomaです。

毎年、年末年始と年度初めが近づくと憂鬱な気分になるのですが、誰か同じ人はいないもんかなーと思います。

ここ最近は、友人とPS4でBF5をプレイしたり。Zwiftでローラー回したりしております。そういえば、スーパー銭湯に寄ったとき久しぶりに体重計に乗ったのですが、運動をしていない頃は59-61kgの範囲で収まっていたのが、そのときは63kgと増えていて、筋肉が増えたか、脂肪が増えたかで悩ましい気持ち。運動はしているので筋肉だと思いたいもので、タニタの体組成計を買うか悩んでいる次第。うーん、ローラー用の扇風機も欲しいのでお金の使い所に悩む。

Zwiftといえば、パワーが出ない出ないと思いつつ、ギヤを重くしたり軽くしたり、ケイデンス上げたり下げたりしていると、なんとなくやや重いギアを90-100ケイデンスぐらいで回すほうがいい感じかもなーと感じている。FTP300wとかもっとすごい人いっぱいいるけど、どんな体しておるんや。まぁパワーメーター使ってないのも関係するかもだけど、100,200もパワーにズレが生じるとも思わないしなぁ。

最近はJohn's Short MixとかEmily's Short Mix とかはやらず、フリーライドでアップで流してだんだんと負荷を掛けていくようにローラーを回している。JohnもEmilyも辛いし、気分的に自転車に跨がるのも憂鬱で何日も乗らないよりは、気分転換とか気持ちがいいぐらいで続けるのを重視する。

そんな感じ、年末はなんだかそわそわして落ち着きませんなぁ…

Zwiftをプレイする

衝動的にZwiftを始める

itanomaです。前々からやろうとは思っていたものの、パワーメーターないしなーとかボヤいてやらなかったZwift始めた。ここ最近は怠けていたので自分にちょっと勢いをつけるためにも導入。

普段使っていたサブモニタを取り外してZwift用にしたので、新しいモニタが欲しいっすねぇ…
モニタを支えるポールは70センチのものを購入して位置を調整している。重さでポールが斜めになっているのがやや不安

BluetoothのUSBアダプタ買う必要あるかなーと思っていたが、Zwift Companionというアプリで同じネットワークに所属しているZwiftを起動しているPCにデータを流すことができるので、自分のAndroid端末にインストールして使っている。とりあえず問題ないが、端末かアプリの問題か、Bluetoothの信号を拾わないときがあるのでZwift側で手動で認識し直すことがあった。(認識して走り続ければ問題はない)この辺は面倒臭いのでなんとかできたらいいなぁ。

さて、久しぶりなローラー練だなと思いつつZwiftのワークアウトを眺める。平日にローラーを回す時は時間の問題で30分未満でできる短いトレーニングしかしないので、30分でできるjon’s short mixを選択して走った。

結果はボロボロで、特にFTPの300%は目標のパワーが出せず、30分を完走すら出来ない有様であった。
Zwfitのいいなと思うところはワークアウト中に画面で指定内容を教えてくれること(10秒間150wで走れとか)
いつも自分で時間測りながらワークアウトをやっていたのと比べて時間毎に指示を出してくれるとワークアウトそのものに集中できるのでその点は便利で助かる。

グラフィック面は綺麗でもないし、アバターモデリングも良いわけじゃないけど、やっぱ他にも走ってる人がいるという存在感はあるので少し励まされるような気分にはなる。

今はパワーモニターがないのでZパワーでの計測になるけど、とりあえず近い内にFTP計測でもやってみようかなと思う。(絶対辛い)

あ、あと自分が使っているローラーのGrowtac Flex3 はZwiftに対応していたのは嬉しかった。

今の自転車と自分に足りないもの

itanomaです。タイトルは意識がやや高いですが、とりあえず自転車に関しては諸々揃ったなという気がしているので、ここであと何があれば楽しめるかを考えたい。

まず、ホイールとかコンポーネントとか、グレードアップするということがありますが、この辺は正直優先度はあまり高くない。

ロードバイクとしての面白みが既にあることを前提に、もっと体験の質を上げるか否か?

体験の質、これは確かに不自由を感じたまま自転車に乗ったって面白くない。つまり、今の自分はそこまで自転車に対して不自由さを持っていないということか? と考えると少し違う。今の自分が思う不自由さは、面倒臭さにある気がする。

ロードバイクに乗るというときに、サイクルジャージやヘルメット、ライトやサイコンのバッテリー、タイヤの空気圧、ディレイラーやチェーン、ワイヤーなどの機械的部分。などなど、気にしだしたらキリがないので、ちょっと変速がアレかな? チェーンが擦れちゃってるかな? ぐらいは気にしていない。

しかし、服装なんかはけっこう面倒臭さがある。そこまでサイクルジャージ着るほどの外出か? とか、サイクルジャージ着なきゃダメか? とか
要するに、四の五の言わずにロードバイクに跨って出発できる状態が一番ストレスがなくていいなと思うときがある。

四の五の言わずにロードバイクに跨って出発できる状態とはなにか?

人に強い意志はないが最近の自分のスタイルで、ああしたいこうしたいと思っても自分が動けないことが多々ある。本当はしたくないんじゃね? と思うけど、それにしては長いことああしたいと思っていることは事実でもある。

結局、自分の意志とは別のところで自分の行動が決められてしまうという現象は発生している気がする。

そもそも強い意志とはなにか、なんだ?

強い意志のイメージは、"激しい感情"、だろうか。高い熱量のような印象。となれば、自分は自転車に乗るのに毎回「よし!!! 乗るぞッ!!!」と鼓舞しなきゃいけないのか?

ちょっと"意志"のこと考えすぎてゲシュタルト崩壊起こしてきたので辞書を引く。 意志:コトバンク

とりあえずこの場では意志を以下のように取り扱いたい。

意志は多義的な概念で広狭さまざまにとらえられる。日常の語法で意志が〈強い〉とか〈弱い〉と言われるような場合の意志とは,人間が本能的衝動を抑制し,一定の目的意識のもとにある行動を起こしたり持続したりする人間特有の心的能力を指す。

人間が本能的衝動を抑制し、の部分は少しわかる。自分が抑えるべき本能的衝動は、やはり、面倒臭さにある。ちなみに、面倒臭さを解決する最も簡単なことは諦めることだ。自転車に乗るのを諦めて勢いよくベッドに寝転がる、そうするとさっきまでの面倒臭さがいっきに霧散して一時晴れ晴れする、窓の外に広がる青空、流れる雲を眺めて眠りに落ちるのはしばしばあるものだ。

ちょっと気合入れてロングライドとかはむしろしっかり準備したい思うから意外とそこまで面倒臭さを感じない。ちょっと外で走ろうかなとか、実走練習しようかなってときが、いっちばん面倒。意志が弱いのだ。
面倒臭さはもはや自分の意志では制御が困難、なので、自転車に乗るまでのハードルをとにかく下げることを意識する必要が出てきた。例えば普段の服装を自転車に最適化してしまうとか(さすがにサイクルジャージで日常は過ごせない)。自転車の置き場をすぐ出発できるような場所にするとか(これは住んでいる家の都合で無理がある)。

唐突だけど、ジョジョ第5部でプロシュートの兄貴が「心の中で思ったことは既に実行されている」的なことを言っている。思うのも実行されるのもほぼ同じタイミングに見える。これは実に理想的と思う、思ったとほぼ同時、まさに四の五の言わない。この場合、果たして本能的衝動抑えた強い意志なのか!!? とは思うものの、人間が言葉でなにか言う時、動かしているのは口だけで、大事なことはそのあと自分がどのように動くかだ。ま、さすがにあまりに衝動的過ぎるのも問題だけど。

そんなわけで、ゆっくりとでいいからもっとカジュアルに自転車乗れるような生活にしたいなーと思うのだった。(なにが自分をそこまで考えさせるかは謎)